‘絵本 Picture book’ カテゴリーのアーカイブ

Wee Sing & Learn 123

2020年8月20日 木曜日

 

海の中の生き物と1から12までの数を勉強できます。(one whaleからtwelve colorful angelfish)
またそのページには「Can you count two of anyting else?」の質問があり他の魚を探して遊ぶことができます。

教室では添付のCDを夏のクラフトの間にBGMとしてかけていますが、もしお家でお子さんと一緒に聞けばSquidやsea-otter なんて大人でもあんまり知らない海の生き物の単語が楽しく思えられちゃいますよ。

Ten Fat Sausage

2020年8月6日 木曜日

This year many events, such as firework festivals, have been canceled due to the corona virus.

今年はコロナの影響で花火大会など楽しみなイベントが次々中止

Elementary school students have to wear masks at school and our English Kindergarten too. The current situation sometimes makes us feel down.
So we decided to hold a hot dog party to make a happy memory for this summer.

小学校でもEKの授業でもマスク着用など息詰まる事が多いですが、少しでも楽しい夏の思い出になればとホットドックお楽しみレッスンを開催しています。

There were many happy faces in the classes as the children ate the hot dogs . Yummy!
Have a happy summer!

どのクラスも美味しい笑顔がいっぱい😆
皆さまもどうぞ楽しい夏をお過ごし下さい。

A Cheese and Tomato Spider

2020年7月17日 金曜日

それぞれのイラストと文章が上下に分かれていて、好きな組み合わせにすることができます。(リングで綴じてあるので動きもスムーズ)何十通りものありえない組み合わせに子どもはもちろん大人も絶対ハマリます!!!

Ekの子ども達のお気に入りは上が火山、下がピザのexploding pizza (どんだけからいのお~)とか、上が蜘蛛、下がアイスクリームのwiggly ice cream (うげっ~と悲鳴)なんかが大人気♪

ちなみに私は上がレモン、下はおまわりさんのすっぱいおじさんがお気に入り~

英語の学習面という点では、上のページでEek!やWow!などの間投詞、 wrigglyやsourなどの形容詞、下のページでspider、houseなどの名詞が 学習できます。Ekのフォニックス学習で使うcarやvolcanoなどの単語も出てきます。

レッスンではどうしても大勢でワイワイ騒ぎながらになるので、ぜひおうちで親子で楽しみながら繰り返しページをめくってほしいなあと思います。小さなベビークラスから園児クラスの子ども達まで文句なしに楽しめる、報復絶倒!お勧めの一冊です。

The Odd Egg

2020年3月6日 金曜日

We have started our Easter lessons.
Spring has come and the birds have all laid eggs. Except for duck.
Duck finds a big egg somewhere and waits patiently for it to hatch.
Creak Crack!
At last the egg begins to hatch…. !
This book is fun right to the end!

 

イースターレッスンが始まりました。

春になりニワトリ、フクロウ、フラミンゴ…鳥達はみんな卵を産みます。でもアヒルにはたまごがありません。
アヒルはどこかから奇妙な大きな卵を拾ってきました。
大きな卵は待っても待ってもなかなか生まれません。
Creak Crack
やっと卵が割れると……中から‼️
最後のページまで楽しい仕掛け絵本

FROSTY the snowman

2020年1月20日 月曜日

 

FROSTY the snowman was a jolly,happy soul.With a corncob pipe and a button nose and two eyes made out of coal. フロスティは陽気で明るい雪だるま。とうもろこしの芯でできたパイプを持って、ボタンの鼻、二つの目は石炭で出来ている。

FROSTY the snowman is a fairy tale, they say; He was made of snow, but the children know how he came to life one day. There must have been some magic in that old silk hat they found. For when they placed it on his head, he began to dance around! 雪だるまのフロスティなんておとぎ話さと人は言うけれど、子ども達は知っている、雪で出来た彼がある日動きだすのを…きっと子ども達が見つけたふるいシルクハットに魔法があるんだ。だってその帽子を被せたとたん彼は踊り始めたんだ。

Oh! FROSTY the snowman was alive as he could be And the children say he could laugh and play, just the same as you and me.おお!フロスティはキミや僕のように子ども達と一緒に笑ったり、踊ったりできるんだよ。

FROSTY the snowman knew the sun was hot that day, So he said ” Let’s run and we’ll have some fun now,before I melt awayある日フロスティは日差しが強くなったのに気がついた。そこで彼は「ボクが溶けちゃう前に楽しいことしよう!」と言った。

Down to the village, with a broomstick in his hand, Running here and there, all around the square, saying, ” Catch me if you can.手にほうきを持って町に行こう!そこらじゅうを駆け回ろう!「おいかっけこしようよ」と彼は言った。

He led them down the streets of town, right to the traffic cop. And he only paused a moment when he heard him holler,”Stop!彼は子ども達と街の大通りの交通係りのおまわりさんの前にやってきた。おまわりさんに「止まりなさい!」って大きな声で言われても、ちょっと立ち止まっただけだった。

FROSTY the snowman had to hurry on his way, But he waved goodbye, saying,” Don’t you cry,l’ll be back again someday.だってフロスティは先を急いでたから、みんなにさよならと手を振って「泣かないで、いつの日かまた戻ってくるから。」と言った。

Thumpety-thump-thump, thumpety-thump-thump, look at FROSTY go,Thumpety-thump-thump, thumpety-thump-thump, over the hills of snow.ドッシン、ドン、ドン、ドッシン、ドン、ドン フロスティが行くのを見てごらん、ドッシン、ドン、ドン、ドッシン、ドン、ドン 雪の丘を越えてゆく