にこりん 春の遠足 瑠璃寺

平成28年5月25日(水)高森町 瑠璃寺に行きました。
住職 滝本慈宗さん(元中央図書館 司書)におすすめの絵本の紹介、子どもにとって絵本とは・・・というとっても楽しいお話をしていただきました。
瑠璃寺
大人と子どもの絵本の読み方の違いを『おまたせクッキー』作パット・ハッチンスの絵本で紹介していただきました。
滝本さんからママ達へ「一生懸命絵をみてね」と言われて読み聞かせをしてもらいましたが・・・大人はどうしても読んでもらった話の筋にばかり目がいってしまう。
でも子どもの目は「観察」
ストーリーに関係ない絵の中のネコやお鍋や足跡などを見つけてページをめくるたびに大騒ぎするんだそうです。
う~ん・・・一生懸命見てと言われて本当に一生懸命見たのになあ・・・
350_ehon7176-1

またなぜ写実絵本、図鑑絵本が幼児に必要なのかというお話も興味深かったですね。

51iabrWeXRL__SX472_BO1,204,203,200_

日本語に特有な”擬音”の絵本も何冊か紹介していただきました。
わたしも何度か読み聞かせをしていてがやがやしている会場で『がちゃがちゃどんどん』作 元永 定正 を読んで子ども達が一瞬にして集中するのを経験したことがあります。まさに絵本マジック 家の子ども達も大好きで何度も読み聞かせた思い出の絵本
無題

最後に滝本さんから
今まさに子育て真っ最中のママ寝る前の読み聞かせ・・・眠くなっちゃうのわかるよ、正直面倒くさい日もあるよね
でも読み聞かせは最高の愛情表現
今この時間をママがパパが自分のためだけに使ってくれているということを子どもは知っているから何度でも絵本を持ってくるんだよ。
おっぱいはママしかあげられないけど読み聞かせはパパもできる!パパが子育て手伝いたいって言ってくれたら迷わず読み聞かせ担当になってもらいましょう♪

コメントをどうぞ